豊島区池袋 雑司が谷デンタルクリニック
一般・予防 インプラント 歯周病 審美歯科 口腔外科 矯正歯科 小児・訪問 治療費
トップページ アクセス地図 診療方針 スタッフ紹介 院内紹介 院内感染管理 サイトマップ インターネット診療予約(初診)

インプラント
月〜金10:00-13:00 15:00-19:30
10:00-13:00 14:00-17:00
休診日日曜・祝祭日
03−5992−1182

骨移植

骨移植とは、インプラント埋入時に骨が薄いことによりフィクスチャーが露出してしまったケースや、手術前に骨が薄い(高さがない)ケースにその骨の量を増大させる方法です。

歯が存在するときは、歯根歯槽骨の関係はこのようになります。
元々この位置に歯があったのですが、歯を失うことにより歯槽骨が吸収してきております。
このように骨を吸収して足りない部分に骨移植を行います。
骨移植後、6〜8ヶ月ほど経過してインプラントを埋入します。このように吸収が起きていたところに十分骨が再生しています。

歯槽骨の吸収

歯槽骨は歯を支える役割を持っています。よって歯を失うと歯槽骨の役割がなくなるため、骨は吸収しやすくなります。骨の吸収によってインプラント治療が困難となります。